面接の第一印象を悪くしない

本当はそんなことないのに… 面接の第一印象で誤解されないための3つの鍵は?

「本当は真面目に一生懸命働けるのに、第一印象が良く思われずに面接で落ちてしまいそう・・・」
と自信がなくなっていませんか?

 

工場の仕事の面接も不安で一杯になると、
いつもは絶対にしないのにおかしな言動をしてしまうことって確かにあります。

 

そんなことにならないように、事前にできることはやっておき、少しでも気持ちにゆとりをもって面接に挑みましょう。

 

気を付けておきたい、3つのポイントとはなんでしょうか?

 

服装が砕けすぎている

工場の面接だと何をきていったらいいのか?わからなくなりますね。
確かにスーツでいくのもちょっと変だし、普段着で行ってみようと思うかもしれません。

 

でも砕けた服装になりすぎると、面接官はそれを「不真面目さ」ととってしまうかもしれません。
普段着であったとしても、センスのよいもので、
なるべく極端なものにならないようにしましょう。
スタンダードなものに面接のときはしておいた方が良いです。

 

残念ですが面接のときは、その人の外見から面接官も、
内面を判断するしかありません。誤解を招くような服装はできるだけ避ける方が賢明です。

 

もし、スーツでいくべきか、普段着で行くべきかが本当にわからない場合は、
率直に面接先の担当者の方に電話でお聞きしてみましょう。

 

「服装はどのようなスタイルでお伺いすればよいでしょうか?」と
きちんと尋ねれば、逆にまじめで信頼を持ってもらえる機会になりますヨ!

 

 

言葉遣いがなれなれしい

 

正確の明るさや、馴染みやすさをついついアピールしたくて、
なれなれしい言葉遣いを使ってしまうことがあります。

 

または、面接官が自分と同じくらいの年齢、または年下に思えるとき、くだけた言葉遣いを
してしまうことも・・・しかし、面接官はその会社の社長に人事を託された方です。
敬語を使うのを忘れないようにしましょう。

 

敬語をつかっていても、明るい声のトーンで受け答えをすれば、
あなたの性格の明るさや人との馴染みやすさは十分伝わります!

 

 

姿勢や態度に敬意がない

 

マナーに気を配りましょう。特に時間です。面接のときは当然ながら初めてその会社にいきます。
だから、会社への道ももしかしたらわからなくなってしまうかもしれません。

 

少なくても会社へ15分は早く到着し、10分前くらいまでには会社を訪ねましょう。
時間をしっかり守るマナーのある人だと会社はそれだけで理解してくれます。

 

面接のときに椅子に座るとき、ドアを開けるときしめるときもマナーを守りましょう。
忘れがちなのは椅子に座るときの自分の持ち物の置き方です。
それほど厳格になる必要はありませんが、きちんとカバンや手荷物をおいて
整然としたイメージが伝わるようにしたいですね。

 

話し方、服装、マナーなど面接のときはただでさえ緊張しているので、
よくわからなくなってしまうことも・・・せめて服装くらいは、
家族や友人に見てもらってもいいかもしれません。

 

自分では問題ないと思っていても、
他の人の目から見ると直した方がいいところはあるものです。

 

 

 

是非、せっかく見つけた良い仕事につけるようにガンバッテくださいネ!